3の乾燥肌避妊方式で男に必衰能力を失って

編者付記:男女が親しくするときは必ず正しい选択避妊の方法、もしただ一時の快楽を貪るで、人生のいくつかの不必要なダメージを受けて、それは本当に真珠を以て雀を射る!避妊の方法はいろいろあるが、避妊薬、コンドーム、さんはまだ使える避妊リング…

体外で射精する方式で避妊する

を採用します

から男女の双方は性交の過程の中で緊張を終瞭する準備ができて、ペニス性愛、に打ち込めないセックス中で性愛の品質と快感に大きく割引.また、この過程の中で、男性の精神的ストレス、緊張の心理状態は影響を及ぼす性機能の原因となる可能性があり、そのうちに、男性は精神的なインポテンツ、早漏などの疾病.

p2 .圧迫尿道避妊は人体のダメージにもっと大きいのが可能な

のため、圧迫尿道避妊を精液逆流して、滯留し、尿道を招くことで、尿道は膨れて、灼熱のなどの不快な症状を引き起こす可能性も、尿道炎.長い時間、逆行性射精につながる可能性がなくても圧迫尿道時もできない精液射出、臨床の上でいくつかの不妊症患者はそのために.また、尿道避妊を圧迫しても精神問題による障害がある可能性もあります.

は、男性の健康被害に大きなダメージを与えずには巨大なのではない,乾燥肌、というのは、男性の健康被害に大きなダメージを与えないという.

一方、性愛射精正常な生理現象、忍精不射は人の損失を生む射精機能は、長い時間、つながる射精遅延が,射精さえ射精の症状を引き起こすことも,インポテンツあるいは前立腺炎.一方、忍精撃たない男性充血状態にまで有効緩和、血液に入ることによって損害可能精嚢精嚢の毛細血管壁が赤く、精液、足腰がぐったり血精病の症状など、深刻な影響の男性の体の健康と日常生活.

ため、避妊を採用するべきコンドームや避妊薬など比較的に健康な避妊方式で、くれぐれも避妊不当に自身の健康に被害を与え.